新宿薬局│新宿駅南口徒歩1分│調剤薬局│ジェネリック薬品│薬の飲み方

新宿薬局

  • 新宿駅南口 徒歩1分
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-6-7 セイチビル8階
  • お薬のご相談・処方箋は新宿薬局へ
  • 0363009405

お薬について

お薬は健康管理に欠かせないものです。
お薬と上手に付き合って健康にうまく役立てましょう。

「薬」とは?

人には自然治癒力が備わっています。それをサポートするのが「お薬」です。

適切に服用することで効果発揮します。
しかし、服用方法を誤ると大事に至ることもありますので、適切に服用しましょう。

薬が効くためには

薬は主に腸で吸収され、血液に溶けることで目的の部位に効果を発揮します。
このように、薬が効果を発揮するには、ちょうど良い血中濃度にする必要があります。
そして、ちょうど良い血中濃度を保つために、用法用量が定められているのです。

※血中濃度とは … 血液に溶けている薬の量のことを言います。

用法は毎食後、毎食前、就寝前などの服用時点を指示するもので、用量は1回当たりの服用量です。
用法用量は患者様の年齢や体重、飲みあわせている薬、病気のほどなどを考慮して決められています。
内服薬は原則、コップ一杯(200cc)のお水かぬるま湯で服用するようにし、用法・用量を必ず守るようにしましょう。

ジェネリック薬品とは

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品ですので、国も使用を推進しています。
新薬の有効成分の研究開発と特許取得にかかった、高いコストを払う必要がないため、患者様の負担も軽減し、医療費抑制に役立ちます。
ジェネリック薬品をご希望の患者様はお気軽に当調剤薬局にご相談下さい。